ヨガとベジタリアンの関係

ダイエットや美容、健康にも効果があるとされるヨガ。
普段のライフスタイルにヨガを取り入れている人をみるとある共通点があることが分かります。

それはヨガをやる人の多くが「ベジタリアン」であること。
といってもベジタリアンも多種多様ですから一概にジャンル分けすることはできません。

ですがこうしたベジタリアンの中には、
より厳粛な規律が設けられているビーガン(Vegan)と呼ばれる完全菜食を守っている人も少なくないのです。

ちなみにビーガンとは動物虐待への動きが根本的思想となりますが
他にも動物性食品を否定することで健康的な生き方、精神、肉体共に健全な生き方が可能になると考えられています。

ベジタリアンと乳製品

ベジタリアンの中には乳製品を口にする人も少なくありません。
しかしビーガンである場合、乳製品ですら口にしません。

ビーガンである場合、
豆乳や別の穀物を原材料とする飲料であるココナッツミルクや、
ヨーグルトの代わりに
豆乳で作られたヨーグルトや卵を使わない代わりにバナナを使用したものを乳製品の代わりに食べています。

他にも
お肉の代わりに小麦製品のセイタンや豆を使用し作られたものを使用したりもします。

このようにベジタリアンと一言で言っても口にする食べ物は人それぞれ違うものです。
乳製品を口にするベジタリアンもいれば、ビーガンのように乳製品を口にしないベジタリアンもいます。

ただいずれにも共通して言えることは、
「動物、人間関係なく他者の痛みを軽減することで責任ある行動をとる」
というのがベジタリアンであるということです。

オーガニックを食べる

ヨガを日頃からやっている人の多くは日頃から健康への気配りができている人達です。
そんなヨギ・ヨギニでも安心して食べられるベジタリアンフーズを提供しているお店を紹介しているサイトは少なくありません。

例えば「yogainfo.jp」では、全国のオーガニック・ベジタリアンレストランガイドが提供されています。
それがこちら → 『yogainfo.jp

但し全てがオーガニックであるとは限らないため、
とことんオーガニックな食事に拘りたい人は要注意。

スポンサードリンク