オーガニックコーヒーとは

オーガニックワインもあればオーガニックコーヒーもあります。
コーヒーもオーガニックのものがあるのです。

そんなオーガニックコーヒーとは、
有機栽培された豆が使われて作られたコーヒーの事をいいます。

例えば、Saty印のオーガニック・インスタントコーヒーという商品がありますが、
こちらはドイツの国際有機認証機関BCSの認証を受けた山岳地域で栽培されたコーヒー豆が使われています。

このように食べる野菜だけでなくコーヒーもオーガニックなのです。

コーヒーがオーガニックであることの重要性

輸入食品には品質保持のため輸入前に放射線や農薬が使用されます。
そしてもしその輸入食品から害虫などが見つかった時には猛毒で殺虫処理が施さます。

ちなみにコーヒー豆は24時間〜27時間かけて臭化メチルで薫蒸されるそうですが、
それを知って何とも思わずにコーヒーを飲める人なんていませんよね。

つまり消費者の健康で以ってその代償が支払われているというわけで、
生産者もまた同様の理由で辛い思いをしており環境は更に汚染されていきます。

そのためコーヒーもオーガニックにこだわりたいのです。
自分の健康を守るためにもコーヒーがオーガニックであることの重要性は非常に高いものと思われます。

美味しいオススメのコーヒー

「コーヒー豆はポリポリ食べても美味しい」を追求し、
それほど美味しくなければいけないというポリシーで作られたコーヒーは絶品です。

そんなコーヒーは
北鎌倉ベルタイム珈琲
こちら。

焙煎方法は昔ながらの技術で焙煎機に原料豆と炎を入れて煎り上げます。
技術的にもとても難しいこの方法で素晴らしい香りと香ばしさを実現しています。

それでもコーヒーと言えど味の好みは人それぞれですから、
オーガニックコーヒーに興味のある人は一度ネットショップなどから購入して試しに飲んでみることをオススメします。

スポンサードリンク