市販のシャンプーについて

一般的に市販されているシャンプーというのは、
合成界面活性剤の他、台所洗剤に比べ遥かに多い量の有害物質が含まれているものは少なくありません。

それらは皮膚から吸収され体内へ侵入してきますが、
皮膚の角質層が未発達で薄い赤ちゃんのような肌ほど化学物質を吸収しやすくなります。

つまり角質層が薄い頭皮は有害物質を吸収しやすい場所であるということです。

だからこそ赤ちゃんに使用するベビーシャンプーはオーガニック製のものをオススメします。

シャンプーがアレルギーの原因になることも

新生児は角質層が未発達でその部分が薄くなっています。
そのため成人に比べ有害物質の吸収量は遥かに上回ることになります。

こうして経皮吸収された化学物質は血液を通り肝臓で代謝されないことが多いため、
アレルギーだけでなくその他の皮膚障害として赤ちゃんに辛い思いをさせます。

つまり赤ちゃんに使用しているベビーシャンプーがアレルギーの原因になることもある。ということです。

もちろん原因が全てシャンプーであるとは限りません。
ただその可能性があるということですが、可能性があるならその可能性をなくしてしまえばいいわけです。

そのためにもオーガニック製のベビーシャンプーをオススメします。
早いうちに変えてあげることで赤ちゃんが健康的に成長する確率はそれだけ高くなりますよ。

スポンサードリンク