オーガニックと漢方薬

オーガニックは漢方薬とは違います。

何千年もの間、東洋の漢方医学では人間をひとつの宇宙体だるという見方をしてきました。
そして包括的な視点により病気の予防や治癒のために使われてきました。

これに対しオーガニックも現在は確かにLOHASなどと同じく衣食住の全てにかかわる概念があります。

但しオーガニックは漢方と違い病気の治癒を目的に発展してきたものではありません。
むしろ人間が行ってきた自然破壊などの過程でそのしっぺ返しをくらった現在に対する思想的な反論です。

つまり最終的に人間も自然の一環の一部なんだから自然の法則に基づく生き方をするのが必然的に人間の健康や幸福に繋がるものであるという概念が根底にあります。

オーガニックな生活へ

漢方薬との違いが病気の治癒が目的でないところにあるオーガニックは、
アレルギー疾患の人が取り入れて、オーガニックな生活を送るだけでその効果は多大なものです。

実際に自己免疫疾患を患っている人がマクロビオティックな生活スタイルにしたことで症状を克服したという話も耳にします。

これに対し漢方は最初からこれを意図して作られたものではありません。

今後今の生活習慣を見直す機会があった時には、オーガニックな生活へ変えていくことをオススメします。

スポンサードリンク